施工例 大きな窓

<<施工例 こんな窓には 一覧に戻る

カーテン?シェード?バーチカル?
お悩みの多い「大きな窓」…みなさんはどうしてますか?



大きな窓にカーテン





藤沢市S邸

巾9m×丈3mの大きな窓に天井からドレープ、レースカーテンをダブルでお付けしました。
開放的な大空間に、湘南らしい爽やかなマリタイムプリントがひろがります。





藤沢市O邸。

二世帯住宅のご家族みんなが集う寛ぎのリビングダイニング。
O様が、大きな窓に選ばれたのはカーテンでした。
厚手の生地では珍しい広幅ファブリックでリビングの大きな掃出窓のカーテンを仕立てました。
(280cm横使い)
途中の幅継ぎをせずお作りできるので、大きな窓におススメです。





藤沢市S邸

若いご夫妻は、駅ちかの中古マンションをリノベーションして新生活をスタートされました。
綺麗な色柄が使われた輸入ファブリックがお好きなお二人は
リビングダイニングの大きな窓にもプリントのカーテンを選ばれました。
濃紺のドアを開けると目に飛び込んでくるのは、クラーク&クラークのマリタイムプリンツ(イギリス製)。
リビングダイニングはブルーがテーマなのです。




大きな窓にウッドブラインド



藤沢市S邸

ウッドブラインド3台、ニチベイ:クレール50をお取付けしました。
出入りしやすいようにサッシの位置で3台に分け、バランスはジョイントして取付てます。
エアコンにご注意!
採寸お打合せの際、エアコンの取付場所を確認させていただいているのには理由があるのです。
1番よいところにお取付したいですからね。




大きな窓にシェード



藤沢市K邸

大きな窓に、リネンのプレーンシェードを1台でお取付けしました。
サイドに生地だまりが来ないシェードスタイルでは、ほんの少し裾部分をあげてみると
視線が抜けてインテリアに奥行きが感じられるのが、おわかりいただけると思います。
シンプルなスタイルほど質感の違いが大きくでてくるので、素材選びには妥協をしたくないところ。





藤沢市K邸

バルコニーに出る大きな掃き出し窓にツインシェードのシャープスタイルを2台、お取付しました。
横バーがシャープなラインを作る、モダンで潔いスタイルです。
生地をおろした状態でもバーがアクセントになるので、オフホワイトのプレーンな生地を選ばれて大正解でした。





藤沢市A邸

A邸のツインシェードはプレーンスタイルを3台、お取付しました。うって変わって優しいイメージに仕上がっています。
シンプルに見えて実は、大変凝った形状をもつ柔らかなシアーを手前(室内側)に持ってきたシアーメインのツインシェード
ふんわり美しい窓辺になりました。



バーチカルブラインド



藤沢市S邸

掃き出し窓2窓にタチカワ、ラインドレープをお取付しました。
シャンデリアの煌めきとラインで見せるバーチカルブラインドが、クールに決まっていますね。







藤沢市I邸

左には雨戸仕舞いがあり、多分右側からはちょっとした出入りに便利で、、、
そんなI邸の大きな窓に取付したのは、タチカワラインドレープ/セパレートタイプ。
両側から開閉できて、片側一方へ羽根を寄せることも出来るなど、フレキシブルな対応が可能です。
木がふんだんに使われたジャパニーズモダンな空間が心地よいI邸です。



大きな窓に、ロールスクリーン



鎌倉市C邸

W6.2m×H2.6mの大きな窓に、ロールスクリーンをお取付けしました。
眼下にひろがる七里ヶ浜の海が、いつでも気分をリフレッシュさせてくれます。






横浜市M邸

天井掘り込みタイプのカーテンBOXにロールスクリーンを3台天付けしました。
左側のW2.5m×H2.6mの窓は、1台でも製作可能でしたが
使い勝手を優先し2台になりました。



ページ先頭へ