湘南の出張オーダーカーテンなら湘南ファブリック
営業時間: 10:30~18:30  定休日: 水曜日・木曜日  TEL: 0466-90-5711
採寸や打合せで不在になることがございますので、ご来店の際はお問い合わせ下さい。

ジム・トンプソンで間仕切りカーテン

このエントリーをはてなブックマークに追加

この度茅ヶ崎市内に新築されたO様。
ご入居にあたり、最初にご相談いただいたのは玄関先の間仕切りカーテンでした。

ジムトンプソンで間仕切りカーテン
茅ヶ崎市O様邸

玄関扉を開けた正面に、アールをとった美しい壁、
その向こうは収納スペースです。

この壁の両サイドはオープンになっているため、
間仕切りのカーテンをお付けになりたいとのことでした。

 

 

はじめから、ここにはハトメスタイルのカーテンを、と決めていらしたO様。
それを通すためのポールもご自身で用意されました。

 

そのポールですが、壁面付で、カーテンを簡単に取り外しできるような太めのタイプが、
じつはカーテン用にはないため、O様がご自分で探され取付されたのでした。

 

*ポールは、上にちょっと持ち上げれば簡単に外せる、というスグレモノ。

 

生地が海外からお取り寄せのため、3週間ほどお待ちいただき
ようやくカーテンが掛かりました!

 

 

白地にブルーの柄の生地は、
タイシルクで名高いジム・トンプソンのもの。

こちらは、素材はリネンとコットンの混紡です。

左壁のミラーにも映りこんで

 

上部に切り替えたブルーの無地はイタリア製の手触りのいい厚手コットン。

ハトメは、いくつか種類がある中から、シルバーの、
一番大きいタイプ(内径46㎜)を選ばれました。

 

 

玄関入ってすぐの、言わば見せ場です。

 

目隠しというよりはインテリア、
シンプルさというより、デザイン性をお求めだったO様

 

オリエンタルな文様が空間のアクセントになっています。
圧迫感のない、白地にブルーのすっきりした色づかい。

手描きタッチのプリントは濃淡が美しく、
刺繍のようにも見えます。

 

アールをとった白い壁、
ダークな色調の床に白&ブルーのファブリックが映えます。

玄関が生き生きとした、爽やかな空間に生まれ変わりました。
シーズンごとに掛け替えて、いろいろなファブリックを楽しめたら素敵ですね。

 

今回選んでいただいた生地は、

 

“No.9 Thompson”(ジム・トンプソン) の“TIGER TIGER”というコレクション


▲中央に下がっているのはボーダートリム

 

 

“TIGER TIGER”は、
英国人デザイナーのリチャード・スミス氏がチベットの手織りのラグや
ファブリックからインスピレーションを受けてつくったコレクションです。

コレクション名になっているTIGER TIGERは、

▼こちらの生地

*イメージ写真

タペストリーにTIGER TIGER。 左のクッションにボーダートリム。
右のソファには今回のカーテンと同じ生地が張られています。

 

 

 

カーテンに採用した生地は、ブルーの他に

グリーン系や↓

 

オレンジ系↓

 

ブラウン系↓

 

の展開があります。

 

 

“No.9 Thompson”は、ジム・トンプソンのカジュアルライン。

エスニックミックスな世界をカジュアルかつエレガントに展開していて、
まさに、湘南ファブリックがおすすめしたい世界観のファブリックが詰まっています。

 

 

この“TIGER TIGER”のほかに・・

“BUTTERFLY HOUSE” コレクション

 

“ANATOLIA PRINTS” コレクション

 

“Grand Vizier” コレクション

 

など、画像ではお伝えできないファブリックの魅力を、
ぜひ実物をお手にとって感じていただけたら嬉しいです。

お店はスタッフ不在の場合もありますので、
ご来店ご希望の方はお手数ですが、お電話またはメールにてご予約くださいませ。

“ちょっと見てみたい”というお気軽なご来店もWELCOMEです。
皆さまのご来店をお待ちしております。

 

ハトメカーテンと切替えカーテンの商品紹介はこちら

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加